061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の修善寺 自然満喫散歩 (4)

修善寺梅林を抜け、山を降りると、すぐ近くの道の向かいが『もみじ林』の入り口です。

ようやく到着!

1511273234.jpg

訪れた日は、少し時期が早かったようです。

赤く色づいた葉がちらほらと見られましたが、もっと真っ赤っかになるんですよね。

1511273248.jpg

横に長いこの公園は、ぐるっと一周すると入り口に戻ってこれるようになっています。

トイレや喫煙所もあるので安心です。




もみじ林を奥へ進むと、富士山を眺めることが出来る展望台があります。

1511273240.jpg

こちらはその眺望。

いいですねぇ。

腰掛の丸太ベンチもあるので、年配の方もゆっくりこの光景を眺めることが出来ます。



中国からのツアー客が多かったのですが、日本の方は結構若いカップルもいらっしゃってました。

空気が美味しいですし、散策に疲れたら旅館に帰って温泉に浸かるのもいいですね。

1511273267.jpg

一味違った修善寺の楽しみ方が出来ました。

全て歩きなので、交通費は無し。

温泉街だけではなく、少し足をのばして自然を満喫してみてはいかがでしょう。



☆修禅寺~もみじ林までの散策路
1512syuzenji.jpg


秋の修善寺 自然満喫散歩 (3)

修善寺の自然を満喫する散歩コースを歩いています。

修禅寺の脇を抜け、山のほうへ向かうと、梅林遊歩道があります。

その遊歩道の先にあるのが、この修善寺梅林です。

1511273185.jpg

この梅林は約3万平方メートルという広大な敷地で、起伏のある丘陵地にあります。

樹齢100年を超える古木もあり、20種類・1000本の梅が植えられていて、毎年2月中旬から3月上旬には息を呑むほどの美しい光景が広がる・・・・とのこと。

実は沼津へ引っ越してくるまで全然知りませんでした。

梅園といえば熱海が有名で、そちらには一度梅祭りの期間中に訪れたことがあるのですが、修善寺梅林は今回が始めて。

至るところに梅が植えられていて、散策するとその敷地の広さに圧倒されました。

確かに、ここは良い!!

しかも無料!!

遊歩道に道が繋がっていて、囲まれているわけではありません。

次回の梅シーズンには必ず足を運び、梅の写真を撮りたいです。



梅林の敷地には新井旅館茶室の双皎山荘がありますが、訪れたときは丁度、紅葉が美しく色づいてきた頃でした。

とても画になる場所ですね。

1511273197.jpg

ちなみに、新井旅館といえば、修善寺温泉街を代表する高級旅館です。

また、旅館の建物は国の登録有形文化財に指定されています。

一生に一度は宿泊してみたいですねぇ。

梅林にある茶室は、梅祭りの期間中に花見をしながらお茶を楽しめるそうです。



梅林の展望台(広いスペースではなく、本当の”台”)からは富士山の山頂部分を見ることが出来ます。

1511273309.jpg

梅の花が満開になると、どんなに美しいことでしょう。

今から楽しみです!!


(つづく・・・)

秋の修善寺 自然満喫散歩 (2)

秋の修善寺といえば、やはりもみじ林の散策でしょう。

修善寺駅からバスで直接行くことも出来ますが、今回は梅園遊歩道を散策しながら行くことにしました。


梅園遊歩道は、修禅寺の左側から北上して、坂を上ること数分の場所に、こちらの入り口があります。

1511273157.jpg


この遊歩道は、修善寺温泉街ともみじ林や虹の郷を結んでいて、気軽にハイキングを楽しむことが出来ます。


1511273168.jpg

とても背の高い木々に囲まれる中、気持ちよい空気と静けさがとても心地よいです!!!


この日、実は『イノシシ』を見ました!!!

あっという間の出来事で、撮り損ねてしまったのですが、歩道へ出てきたときは、こっちへ来たらどうしようとドキドキしてました。

すれちがったおじさんにそのことを話したら、駆除するハンターが間違って人を撃つ話を何度も繰り返し聞かされました・・・

それは関係ないぞ。

イノシシ見たことを誰かに聞いて欲しかっただけなのに・・・



梅園遊歩道には、桂谷八十八カ所巡拝の石碑もあります。

1511273173.jpg

四国八十八箇所の土を持ち帰って、その土を埋めた場所に石碑が建てられたそうです。

当然、その数は八十八箇所。

もちろん八十八箇所めぐりのご利益を得やすくするためでしょうが、この修善寺にある石碑八十八箇所を全部回るのも結構大変ですよ。

1日じゃ終わらないのでは?



梅園遊歩道を北へ進むと、もみじ林の手前には修善寺梅園が見えてきます。

(つづく・・・)

秋の修善寺 自然満喫散歩 (1)

修善寺を楽しむ最も良い時期が『秋』です。

温泉を楽しみながら、旅館の豪華な食事をいただき、優雅なひとときを過ごすのも良いですが、
修善寺には紅葉を満喫できるスポットが目白押しです。

今回は11月下旬に修善寺を訪れ、温泉街エリアから修善寺自然公園「もみじ林」までを日帰りで散策しました。


三島駅から伊豆箱根鉄道に乗って、修善寺駅に着いたら駅前のバスロータリーからバスに乗って、終点の修善寺温泉バス停へ。
2・3分歩けばメインエリアの修善寺温泉街です。

到着して、広場で少し休憩。

1511273113.jpg

公園のモミジですら美しい!



早速、修禅寺の紅葉を眺めに行ってきました。

1511273139.jpg


この日は平日にもかかわらず、紅葉目当ての観光客が大勢いらっしゃっていました。
この時期、修禅寺の山門前にはガイドさんもいましたので、下調べ無しでも修禅寺観光のポイントを親切に教えていただけます。


こちらは少しイメージ写真っぽく。

1511273142.jpg

少し紅葉のピークには早いかと思ったんですが、真っ赤に染まったモミジがキレイでした。

紅葉シーズンには、修禅寺の庭園も開放していて、秋にしか味わえない感動がいくつもあります。

1511273140.jpg


全体が赤く染まるのは12月上旬ごろになるでしょうか。

自分のスケジュールの都合や天気のタイミングが合わなかったのですが、期待以上に色づいていたのでホッとしました。


(つづく)


秋の柿田川公園

柿田川公園は、富士山から流れる雨や雪解けの水が、三島溶岩流を通って湧き出る『わき間』を見ることができる公園です。

入場無料!!


1511110001.jpg


国道1号線沿いにある公園で、この前を車で走ったことのある方もいらっしゃることでしょう。

表の入り口だけ見ると、普通の公園に見えるんですよね。

私も最初そうでしたが、何があるのか知らないと、意外とスルーしがち。

1511110013.jpg




この公園の一番のポイントは、やっぱり"水"です!!

富士山から海側にかけての一帯は、どこも水がとてもキレイですが、特にこの公園の水は特別です!

何と言っても、ゆっくり時間をかけて流れてきた水が最初に地上に出てくる『わき間』があるからです。

柿田川湧水群は名水百選に選定されているほか、流れ出る過程に特徴があることから「地質鉱物」という分類で、国の天然記念物にも指定されています。

公園内にはいくつもそのわき間を見ることが出来ますが、まずは第一展望台からの風景。

左下に『わき間』が見えます。

1511110008.jpg




公園内の第二展望台では、実に神秘的なブルーのわき間。

この土管ですが、非常に大きいのですが、これは以前水が汚れていた時代の名残だとか。
日本が経済的に発展を遂げた時代に、この辺りは工場があったそうで、排水によって今とは比べ物にならないほど汚かったらしいです。
この土管はその当時の工場(?)で使用されていたもので、負の遺産とも言えるような、なかなか"深い"光景です。

1511110017.jpg



更に奥へ進むと、夏には水に入って遊べる場所があります。
ベンチがあるので、秋の晴れた日はここで紅葉を眺めながらのんびり休憩するのもいいですね。

1511110029.jpg


お近くに寄られることがあれば、是非お立ち寄りください。
晴れの日は、どれだけ水が澄んでいるか、ハッキリと実感できると思います!



◇アクセス
車:東名高速沼津インターチェンジから約10分
交通機関:JR三島駅からバスで約20分

PR

最新記事

カテゴリ

プロフィール

T-Kai

Author:T-Kai
MAIN HP>>T-Kai works
【Lifestyle】
・Traveler
【CAMERA】
・SONY α7
・Olympus E-PL6
【RAW developing】
・Adobe Lightroom 5.0

リンク

参加ストックフォト

オンラインサービス

結婚式のオリジナルアルバムを作るならかんたんマイブック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。